Google
 
キーワードは複合語検索をお勧めします。「アニヤハインドマーチ エコバッグ 通販」とか、 「バレンシアガ ジャイアントワークス 限定カラー 2006年」とか。 買いに行く町が決まっていれば、「クロエ パディントン 横浜 ショップ」など。 その他にもいろいろ考えてみてくださいね、「ルイ・ヴィトン モノグラム フェイク 見分け方」「新作」「発表会」「外商さま向け」「大丸 バーゲン」「ヤフーオークション」「○○○(雑誌名) 特集 □□□□(ブランド名) 8月号」などなど。

2006年11月12日

Angela Theodoraの優れたデザイナーはバッグのデザインと機能を統合できる

Angela Theodoraの優れたデザイナーはバッグのデザインと機能を統合できる

「それは私がデッサンの歯に使用されたので最初に欲求不満だった」
欲しいハンドバッグがAngela Theodora以外にはみつからないと言う歯列矯正医。

彼女の専有物を含んで異なった歯科練習でニューヨークではたらいている間、
アンダーソンがcrosstownの女性がハンド・バッグ、トートバックおよび紙袋と戦うことを
バスで運ぶのを見た、3年前に。
「私は叫んだのよ、なんてこと、彼女は1つの素晴らしい流行袋におそらくすべてを詰め込み、
毎日呼ぶことができるちょうど」。
その1時は上限のハンドバッグデザイナーに似合うことによって歯からの上品に跳躍を取るように
アンダーソンを促した。
2002年に、彼女はangela Theodoraのまた機能である古典的な、洗練されたデザインを専門にするハンドバッグの会社を進水させた。
「私の袋小さい端を加えることを試みるだれでものためであり、保守的な一見に怖がるために」、
はアンダーソンを言う。

$175から$500まで価格で及んで、各ハンドバッグは子牛の皮、ラムスキン、またはワニから制作される。
「それは形、構造および感じについてでない様式について公正」、主張するアンダーソンを、
「それまたある」。

適する不朽の部分を設計してあらゆる機会はアンダーソンのニッチである。
クリーブランドの49年古い原住民は季節より多くのために彼女の部分が持続するほしいと思った。
「「会社の多くがありとそれを」今のための袋する」、彼女は言う。
「彼らは素晴らしい、当然、私によっては適切常にでほしいが私の袋が」。

彼女によってはまた彼女を遊ばすとき設計彼女の依頼人が財布のエチケットを壊してほしい。
「あなたのハンドバッグもはやあなたの靴に一致させる必要がないし、ベルトは」、はアンダーソン言う。
「着せることの別の部分が身に着けているようにそれの一見; 色が流れたら、それを使用しなさい。

彼女のビジネスを作動中に得るためには、アンダーソンは展示会、大会およびハンドバッグパーティで
彼女の商品を展示した。彼女は現在Bergdorf GoodmanおよびSaksの五番街に当るために
彼女のコレクションのための取り引きを終了している。
将来の計画は男性用ラインを始め、腕時計へ彼女の付属品ビジネスを拡大することが含まれている。

「私は」まだ歯列矯正医週として4日働く方法にあるために仮定されたアンダーソンを言う。
「そうここに私がいる.」

大きい袋で捜すべきこと:

形。 袋は今日鋭く、柔らかさおよび非対称的な次元を提供する。
慣習的な轍にはまり込むか、または傾向に続く圧力を感じる必要がない。
それはビジネス、喜び、または過渡的であるかどうか、個人的な様式を高めることができる
色々な設計がある。

生地。 当然、より贅沢な袋はlambskinからだちょうまで及ぶ皮からなされる。
デザイナーはまた金属が付いているキャンバスのような混合材料と同様、
刺繍をおよびエキゾチックな森および革含んでいる様式の刺激的な配列を提供している。

機能。 今日の袋の多数は心の便利容易に設計され。 アンダーソンの袋は携帯電話および
PDIのような項目を収容するために区分される。
彼女はまた明るく着色された生地と袋並びライニングに対して際立つように内容がする。

信用。 通りで販売されるKnockoffsは公正でない。いくつかのブティックがあり、
ラベルがいかに置かれるか時々inauthenticデザイナー袋を運ぶ他のなにも疑わない店当然、
細部、ステッチのような、ジッパーの明らかな欠陥が検出する、ことができる、そして。
、偽造品を定める方法の情報を提供できる製造業者が付いている点検できれば。
何人かのデザイナーに彼らのウェブサイトのそのような情報があるかもしれない。

pointy-toed靴の激怒、組および一致のハンドバッグは、
50年代ラスベガス(パーキンズの好みの通い先)の贅沢家を表す。
その品質表示票「様式の鋭いウィットを、鋭利でおよび常に完全な読む

発見のハンドバッグプロダクト訪問www.idemmall.com

記事の源: http://www.SubmitYourNewArticle.com

www.idemmall.comのショッピングハンドバッグ
posted by brandyUSA at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランド別情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
r
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。